おしりに優しいレシピ

秋のレシピ

食材のもつ特徴
サバ
EPA(エイコサペンタエン酸)を多く含んでいます。EPAの脂肪酸は、血の流れを良くするといわれています。
デンプンが多く、ビタミンCも豊富に含まれています。昔から皮膚のかぶれに用いられています。
松茸
栄養価は低いが繊維質が多いので、排便に良いといわれています。
銀杏
体を温め、強壮作用があるといわれています。
材料(1人分)
  • サバ ・・・・・ 1/4身
  • 松茸 ・・・・・ 1/2本
  • 銀杏 ・・・・・ 1粒
  • 栗 ・・・・・ 1粒
  • すだち ・・・・・ 1/4片
  • 天塩 ・・・・・ 少々
  • 酒 ・・・・・ 大さじ1
  • 揚げ油 ・・・・・ 適量
ポン酢A
  • 酒 ・・・・・ 大さじ1
  • 濃口醤油 ・・・・・ 大さじ1
  • 酢 ・・・・・ 大さじ1
調味料B
  • くちなし ・・・・・ 1粒
  • 砂糖 ・・・・・ 大さじ1
  • 水 ・・・・・ 1/2カップ
作り方
  • 1. サバは、振り塩をして皮のほうから焼く。
  • 2. 松茸は、布に塩をつけて拭き取り、流水で丁寧に塩を落として、根元を包丁で少し削る。手で割いて、酒を振り直火で網で焼いてポン酢Aにつける。
  • 3. 栗は、皮をむいて水につけてから調味料Bで煮る。
  • 4. 銀杏は薄皮がついたまま油で揚げて、色が緑色に発色すれば引き上げて振り塩をし、栗とともに串にさす。(銀杏の薄皮は、揚げた時に自然にはがれる)
アナゴと焼ナスの煮こごり イワシの酢漬けきのこ添え サツマイモの温州煮
サバの塩焼き もろこし豆腐菊花仕立て ロールチキン
夏のレシピ 冬のレシピ
ページTOPへ