この薬が適応する症状、用途などが示されています。市販薬は、この「効能・効果」に適合する人に用いるようになっています。自分の症状にあてはまるか、よく確認してから使うようにしましょう。