監修医師のご紹介

岩垂 純一先生

岩垂 純一先生
総合監修
岩垂純一診療所所長

1947年生まれ。1973年、群馬大学医学部卒業。78年、社会保険中央総合病院大腸肛門病センター医員。87年、同医長。90年、同部長。96年、社会保険中央総合病院副院長。98年、社会保険中央総合病院大腸肛門病センター長。2006年6月、理想的な肛門の診察と治療の実現を目指し、東京銀座に岩垂純一診療所を開設、現在に至る。著書多数、「NHK健康ホームページ」ほか、メディアでも活躍している。

日本大腸肛門病学会 監事・評議員。内痔核治療法研究会 代表世話人。臨床肛門病研究会 代表世話人。DDW-Japan1999日本大腸肛門病学会会長、第60回日本大腸肛門病学会総会会長。日本大腸肛門病学会 指導医・専門医。医学博士。

<メッセージ>
痔は、成人なら誰でももっているといっても過言ではありませんし、怖い病気でもありません。ただし、慢性化しやすいため、長いお付き合いになりやすい病気です。このため、普段からおしりをケアしながら痔と上手に付き合っていくという姿勢が大切だといえます。「おしりラボ」には、普段から痔と上手に付き合っていくためのさまざまな情報が紹介されています。正しい知識を身につけて快適な日常生活を送りましょう。
関連記事

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る