監修医師のご紹介

佐原 力三郎先生

佐原 力三郎先生
監 修
東京山手メディカルセンター副院長
大腸肛門病センターセンター長

1951年生まれ。1978年3月、群馬大学医学部卒業。同年4月、同医学部第一外科学教室入局。82年6月、社会保険中央総合病院(現・東京山手メディカルセンター)大腸肛門病センター研修医。86年6月、同医員。90年9月、同医長。98年7月、同部長。2006年4月、同センター長。2007年9月、副院長に就任し、現在に至る。肛門疾患、炎症性腸疾患、大腸がんの外科的治療を専門としている。

日本大腸肛門病学会評議員。大腸肛門病懇談会代表世話人代表。日本大腸肛門病学会 専門医・指導医。日本外科学会・日本消化器外科学会 認定医。

<メッセージ>
毎日使っている肛門は、何も問題ないときには振り返ることもあまりない身体の一部です。しかし一度調子をくずすと、毎日のことですから悩みは急に大きくなります。簡単に相談できない部分であるがゆえに、なおさら不安がつのります。当サイトがそんな方々のよいアドバイザーになれればと思います。ご覧になった後は、一度専門医を受診してみてください。
関連記事

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る