お悩み別で絞る

突然のおしりの痛み。
そんなときも焦らない対処法。

突然のおしりの痛み。そんなときも焦らない対処法。

※本ページでとり上げている痔のタイプの症状はあくまで目安であり、応急処置は病院に行くまでの一時的なものです。下記のような症状があった場合は、必ず病院を受診しましょう。また、痛みと出血など、複数の症状が同時に起こっている場合は、より症状の強いほうの対処法を実践しましょう。

突然の痛みの場合

突然の痛みに襲われたときは、すぐに安静にして、からだの力を抜きましょう。痛いとからだを硬直させてしまいがちになり、その結果、肛門に力が入って、ますます痛みが激しくなってしまうからです。

痛みのケア方法

①まずは安静に

まず、布団などの上で、ひざを軽く曲げた姿勢で横向きに寝ます。全身の力を抜いて、おしりに力を入れないようにするのがコツです。リラックスできたら、しばらくそのままの姿勢で安静にします。

痛みがひどい場合など、これだけでもずいぶんやわらぐことが多いようです。
落ち着いたら「痛みのケア方法2」を実践してみるとよいでしょう。

②痛みをやわらげる

まず、痛みが痔核(いぼ痔)や裂肛(きれ痔)によるものなのか、肛門周囲膿瘍(のうよう)や痔ろうによるものなのかを確認する必要があります。なぜなら、前者と後者では対処法が異なるからです。

以下の表を参考にして、自分の症状に合ったケア方法を実践し、痛みをやわらげましょう。

ちなみに、激しい痛みを伴う痔核には、嵌頓(かんとん)痔核と血栓性外痔核があります。

症状

痛みに加え、肛門からいぼが脱出、もしくは肛門外側のはれがある

考えられる痔のタイプなど

痔核(いぼ痔)

ケア方法

おしりを温めて血行を促すと、症状がやわらぐことが多い。シャワーではなくからだに負担の少ない半身浴や、おしりをぬるま湯につけるなどして患部を温めるとよい。なるべくぬるま湯でゆっくり浸かるのがポイント。
お風呂に入れないほど痛みが激しい場合は、温めた濡れタオルを患部に当てるか、下着の上から使い捨てカイロを当てるかするとよい。

症状

排便時の切れるような痛み

考えられる痔のタイプなど

裂肛(きれ痔)

ケア方法

おしりを温めて血行を促すと、症状がやわらぐことが多い。シャワーではなくからだに負担の少ない半身浴や、おしりをぬるま湯につけるなどして患部を温めるとよい。なるべくぬるま湯でゆっくり浸かるのがポイント。
お風呂に入れないほど痛みが激しい場合は、温めた濡れタオルを患部に当てるか、下着の上から使い捨てカイロを当てるかするとよい。

症状

肛門の周囲が熱をもって赤くはれあがり、ズキズキと激しく痛む

考えられる痔のタイプなど

肛門周囲膿瘍(のうよう)・痔ろう

ケア方法

横になって患部を冷やすようにする。患部が化膿しているときは温めると逆効果。さらに症状が悪化してしまう。
痔ろうは病院でないと治せないため、必ず病院を受診する必要がある。

この記事の監修医師
岩垂 純一先生
黒川 彰夫先生
佐原 力三郎先生

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る