お悩み別で絞る

痛みのある痔・ない痔、
その違いはおしりのしくみにありました。

痛みのある痔・ない痔、その違いはおしりのしくみにありました。

肛門とは、一般的に、おしりの穴から直腸側に向かって約3cmまでの管状部分のことを指します。そして、肛門の腸と皮膚の2つの組織が結合した連結部は、歯のようにギザギザしていることから、歯状線(しじょうせん)と呼ばれています。この歯状線より上の腸の部分は直腸粘膜、歯状線より下の皮膚部分は肛門上皮と呼ばれます。

肛門の組織

※イラストをクリック(タップ)すると痛みを感じる部分と感じにくい部分がわかります。
イメージ図

2つの組織の違い

  直腸粘膜 肛門上皮
どこにある?
・歯状線より上にある
・歯状線より下にある
違い(1)
・通常は痛みを感じない
痛みを感じとる知覚神経がほとんどない。このため、通常、内痔核(いぼ痔)は痛みを生じない。
・痛みを感じる
痛みを感じとる神経(知覚神経)が多く通っている。
違い(2)
・ある程度の伸縮性がある
・伸縮性があまりないため切れやすい
便秘などで硬い便が通ると切れやすい。このため裂肛(きれ痔)が生じる。
この記事の監修医師
岩垂 純一先生
黒川 彰夫先生
佐原 力三郎先生

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る