お悩み別で絞る

ママになったら、おしりにもご注意!

ママになったら、おしりにもご注意!

妊娠・出産後は、痔になるリスクが増大。いつも以上に生活や食事に気をつけて!1, 2)

妊娠中や出産後には、おしり周りのトラブルが多いとされています。なかでも多いのが痔。

海外での研究によると、妊娠初期から出産後1ヵ月までの間に、40%以上もの女性が、いぼ痔(痔核)、きれ痔(裂肛)、またはその両方の痔を発症したと報告されています(参照: グラフ1, 2)1)。他にも、特に妊娠中期~後期に限ってみると、85%の妊婦がいぼ痔を発症したとの海外データもあります2)。また、もともとあった痔が妊娠・出産を機に悪化するケースも。ではなぜ、妊娠・出産時に痔が発症しやすくなるのでしょう。

妊婦における痔の発症率
グラフ1. 妊産婦における痔の発症率(n = 280. 海外データ)1)

妊娠・出産後の痔には、さまざまな原因が3, 4)

妊娠時は、お腹の中で赤ちゃんが育つわけですから、子宮が大きくなるにつれて周りの血管や腸を圧迫し、痔の原因となる血液循環の悪化(うっ血)や便秘などを引き起こします。また、黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が盛んになることも、うっ血や便秘を誘発する原因となります。

さらに出産時は、いきみによるおしり周辺への大きな負担に加え、会陰(えいん:腟開口部と肛門の間)の裂け目や切開の傷を縫合することにより、肛門周囲の筋肉や神経が傷付き、痔の原因になることも。妊娠初期や出産後しばらく経ってからよりも、妊娠後期から出産直後に痔を発症するケースが多いのはそのためです。

妊娠時期ごとにみた痔の発症率
グラフ2. 妊娠期および出産後における痔の発症率(n = 123. 海外データ)1)

【参考】
1) Poskus, T. et al: BJOG, 13: 1666, 2014.
2) Gojnic, M. et al: Clinical Experimental Obstetrics and Gynecology, 32: 183, 2005.
3) 安野 正道 他: 産科と婦人科, 83: 71, 2016.
4) Staroselsky, A. et al: Canadian Family Physician, 54: 189, 2008.

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る