お悩み別で絞る

内にも外にも使える2WAYタイプ
注入軟膏の正しい使い方動画。
市販薬を使いたい

内にも外にも使える2WAYタイプ注入軟膏の正しい使い方動画。

注入軟膏の使い方

肛門内部に注入する場合

  • ①キャップを外した後、すべりを良くするために軟膏を少し出す。
  • ②容器先端を肛門に挿入し、ノズルの付け根までしっかり入れる。
  • ③軟膏をすべて容器から押し出したら、そのままの状態で引き抜く。

肛門の外側に塗布する場合

  • 軟膏と同じ方法で使用。

【注意点】

  • 一度塗布に使用したものは、中身が残っていても注入に使ってはいけない
  • 引き抜くときは、押し出した状態のまま引き抜く

※市販の外用薬は10日間位、内服薬は1ヵ月位使用しても症状が良くならないときは、病院を受診しましょう。

注入軟膏の保管方法

軟膏、注入軟膏は、直射日光を避け、湿気の少ない涼しい場所に密栓した状態で保管してください。

正しい保管のポイント

  • 直射日光を避ける
  • 湿気の少ない涼しい場所を選ぶ
  • 密栓した状態で保管
この記事の監修医師
岩垂 純一先生
黒川 彰夫先生
佐原 力三郎先生

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る