お悩み別で絞る

はじめての市販薬選びに使える剤形のはなし。
市販薬を使いたい

はじめての市販薬選びに使える剤形のはなし。

外用薬と内服薬

痔の薬には、肛門内部や外側の患部に直接使用する「外用薬」と、飲む「内服薬」があります。一般的には外用薬が主流です。

外用薬

痔核(いぼ痔)・裂肛(きれ痔)の痛みやかゆみ、出血、炎症などをやわらげます。配合成分により、殺菌効果があるものもあります。

内服薬

炎症をやわらげたり、血行を改善したりします。錠剤、カプセル剤、顆粒剤などがあります。成分が全身にいきわたるため、外用薬に比べ効果はゆっくりと現れます。

外用薬の剤形

外用薬には、「坐剤」「軟膏剤」「外用液剤(エアゾール剤含む)」がありますが、坐剤と軟膏剤が主流です。軟膏剤には軟膏と注入軟膏があります。

坐剤

対象となる主な痔のタイプ
内痔核(いぼ痔)
使用する部位
肛門内側の患部に使用

軟膏剤 軟膏

対象となる主な痔のタイプ
外痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)
使用する部位
肛門外側、肛門付近の患部に使用

軟膏剤 注入軟膏

対象となる主な痔のタイプ
内痔核(いぼ痔)、外痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)
使用する部位
肛門内側の患部には注入し、肛門外側、肛門付近の患部には塗布

外用液剤

対象となる主な痔のタイプ
外痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)
使用する部位
肛門外側、肛門付近の患部に使用

※市販の外用薬は10日間位、内服薬は1ヵ月位使用しても症状が良くならないときは、病院を受診しましょう。

この記事の監修医師
岩垂 純一先生
黒川 彰夫先生
佐原 力三郎先生

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る