お悩み別で絞る

ドクターに聞く
「妊産婦のおしりのトラブル。いつもと違う気になる症状は肛門科へ。」

ドクターに聞く「妊産婦のおしりのトラブル。いつもと違う気になる症状は肛門科へ。」

気になる症状は遠慮せず、まずは産婦人科の医師に相談を。

妊娠中・授乳中は、薬の制限もありますし、妊娠検査によって安静が必要なこともあります。おしりに気になる症状が出た場合も、まずはかかっている産婦人科の医師に相談していただくことが良いと思います。産婦人科の医師も忙しくされているので、妊娠・出産以外のことを相談するのはどうかと遠慮される方もおられるようですが、おしりの違和感でも、遠慮せずに相談されると良いでしょう。
特に妊娠前にはなかった症状が出てきた場合は、すぐに伝えていただきたいですね。また既に痔を患っている場合でも、いつもと違う症状が出てきたなら相談されることをお勧めします。軽度であれば、産婦人科で処方される塗り薬などで治ることもありますが、症状次第で肛門科の受診を勧められると思います。もし脱肛などがある場合、妊娠にかかわらず治しておいた方が良いと思います。

よどがわ内科クリニック 副院長 兼 肛門科顧問 上月雅友 先生

上月雅友 先生
上月雅友 先生の記事を見る

おしりの症状があれば肛門科へ。

たいていの妊婦さんは、まず産婦人科の医師に相談されるようですが、産婦人科でもらった薬で治りにくい場合や、おしりに出っ張りや痛みなどの違和感、なかでも出血がある場合は肛門科を受診してください。「痔があるから」といって気にされない妊婦さんもいますが、他の病気の可能性もあるので放置はいけません。また、便潜血反応陽性の場合は消化器内科、肛門科を受診しましょう。
痔に関して言えば、手術で取らなければいけないものもありますが、取らなくても良いならうまく付き合うこと。それ以上悪化させないよう、原因を取り除いていくことが重要です。特に経産婦の場合、第一子を生んだ時にひどい目にあったから、第二子を出産する前に治したいと言われる方もいますが、一時的にひどくなっただけであれば、薬を使って治療していきます。また、妊娠中の痔で痛みや腫れ、出血がひどく改善しない場合は、安定期に入って手術をすることもありますが、出来るだけ当院では手術はせず投薬治療を行います。

日本橋レディースクリニック 院長 野澤真木子 先生

野澤真木子先生
野澤真木子 先生の記事を見る

おしりの違和感には、痔以外のさまざまな原因も。産婦人科の薬で治りにくければ肛門科へ。

妊婦さんの場合は、まず産婦人科の医師に聞いてみてください。妊娠中はだいたい痔になりますから、広く使われている薬を処方されると思います。当然、使用しても大丈夫な薬ですが、もし治りが悪い場合や、おしりから何か出ている、または何かできているような違和感がある場合は、痛みがなくても肛門科を受診した方が良いでしょう。おしりまわりが化膿して腫れている時は、肛門周囲膿瘍という痔ろうの前段階の状態ですし、アテロームのようなおできや毛嚢炎(もうのうえん)というニキビのようなもの、疣贅(ゆうぜい)というイボができることもあります。ピリピリする痛みがひどい時は、肛門ヘルペスの可能性も考えられますし、稀なケースですが梅毒でもおしりまわりに違和感があります。さまざまな原因が考えられますので、かゆみも含め、ご本人が気になれば肛門科を受診してください。
妊娠中の痔の治療については、お薬を塗ったり、痛み止めの内服が可能であれば飲んでもらったりします。あとは、お風呂で温めてもらうなどですね。妊娠中の痔の手術は術後出血の問題もあってリスクが高いので、基本的には行いません。痔は命にかかわるものではないので、手術をするなら、出産を終えてからです。

マリーゴールドクリニック 院長 山口トキコ 先生

山口トキコ先生
山口トキコ 先生の記事を見る

妊娠中の痔は、うまく付き合うことが大切。ただし気になる症状は自分で判断せず医師に相談を。

妊娠中の主治医は産婦人科の先生なので、産婦人科の先生にも相談してみてください。出産に耐えられないと判断した場合や、産婦人科の先生が専門医に相談した方が良いと判断した場合は、肛門科受診を勧められると思います。また、産婦人科の先生に相談しづらいこともあると思います。その場合も、薬で治るものなのか、あるいは様子を見てよいものなのかはご自分で判断せず、ぜひ肛門科を受診してみてください。インターネットでは「肛門の中に入れた方がいい」と書いてある痔も、外痔核の腫れが合併している時は中に入れることで痛みが増強し、悪化することもありますし、いぼ痔ではなく、ほかの肛門疾患である可能性もあります。適切な処置や適切なお薬で症状が軽快すると、快適に妊婦生活を送れるようになります。
いぼ痔は悪性に変わったり、転移したりするものではなく、良性疾患なので、いぼ痔があっても出産はできるし、妊娠は継続できます。患者さんには、「痔主さんはたくさんいますから、うまいこと付き合ってくださいね」とお話しします。妊娠中に痔が悪化しないための対処法としては、便秘・下痢をしないこと、いきまないこと、入浴して血流改善を促すことがお勧めです。

川堀病院 竹田春華 先生

竹田春華先生
竹田春華 先生の記事を見る
この記事の監修医師
上月 雅友先生
野澤 真木子先生
山口 トキコ先生
竹田 春華先生

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る