お悩み別で絞る

ドクターに聞く
「妊娠中や授乳中の痔の薬。気を付けるのはどんなこと?」

ドクターに聞く「妊娠中や授乳中の痔の薬。気を付けるのはどんなこと?」

妊娠中も外用薬なら問題なし。使用する場合はステロイドフリーのものを。

妊娠中に禁忌とされている薬はたくさんありますが、痔の薬であれば、外用薬なら吸収される量も多くないので、使用しても問題ないと思います。ただし、痔核(いぼ痔)や裂肛(きれ痔)など症状によって使い分ける必要はありますので、できれば受診していただくことが望ましいです。市販薬を使用する場合、ステロイドが入っていないタイプを選ぶようにしてください。ステロイドは、外用薬としておしりに入れるだけでは胎児発育不全を起こす可能性は低いですが、内服などで大量に摂取すると、赤ちゃんの発育に影響する場合もあります。これは動物実験で結果が出ていますので、注意してください。また授乳中に関しても、ステロイドはもちろん、アスピリンやカフェインが乳児の不眠につながるというデータもあります。妊娠中と同様、内服薬には気を付けてください。
妊娠中に禁忌とされている薬の成分に関しては、日本産婦人科学会が発表している情報などを参考にされると良いでしょう。

公益社団法人 日本産婦人科学会 産婦人科診療ガイドラインー婦人科外来編

よどがわ内科クリニック 副院長 兼 肛門科顧問 上月雅友 先生

上月雅友 先生
上月雅友 先生の記事を見る

妊産婦に限らず、薬の使用は短期間で。

妊娠中、痔の薬の使用については、基本的には医師に相談していただくのが良いと思います。市販薬も塗り薬なら問題ないと思いますが、人によっては湿疹やアレルギーが出る場合もあるので、気を付けた方が良いでしょう。市販薬を使ってみて異常が出た場合、あるいは1週間くらい使っても改善がない場合は、専門医に相談してください。ただし出血があった場合は、すぐに受診してください。
ステロイドは急性期に使うことがありますが、その場合も塗り薬で短期間だけの使用であれば問題ないと思います。
ただし、長期の使用は良くありません。長期間、ステロイド入りの薬を使わない方が良いのは、妊婦さんに限った事ではありませんので、授乳中はもちろん、普段から自己判断による長期の使用は控えましょう。

日本橋レディースクリニック 院長 野澤真木子 先生

野澤真木子先生
野澤真木子 先生の記事を見る

市販薬の使用は、症状に適した薬を選ぶことが大切。

痔の市販薬の使用については、妊娠中でも外用薬であれば通常問題ありませんが、心配だと思う方は薬剤師に相談されても良いでしょう。また使用する場合は、用法・用量を守って使ってください。ただし、ご自身で市販薬を使う場合、一番注意していただきたいのが、症状に適した薬を選ぶことです。使用する剤形を間違えていることが多々あり、「以前は効いたのに」とおっしゃる方もおられますが、それは偶然です。市販薬を使用しても良くならない場合は、間違った使い方をされていることもありますので、専門医に診てもらうことも必要でしょう。
胎児への影響に関しても、痔の塗り薬ならまず問題ないでしょう。内服薬は何らかの影響がありえるかもしれませんので、病院で処方してもらった方が良いでしょう。授乳中に関しても、注意する点は妊娠中とほぼ同じです。ただ現在は、抗生剤や鎮痛剤などを飲んでも良いとも言われており、内服薬についても昔に比べて使える薬が増えています。一度医師に相談し、適切な薬を安心して飲んでください。

マリーゴールドクリニック 院長 山口トキコ 先生

山口トキコ先生
山口トキコ 先生の記事を見る

風邪薬にも気を使う妊娠中。薬の成分はより安心できるものに。

妊娠中に使用する痔の市販薬は、妊娠の週数によって異なります。注入薬については、安定期に入るまでならステロイドフリーが良いでしょう。使用前に医師などに相談してください。
当院で処方する場合は、ステロイドを使用するのは安定期に入ってから出産までの期間です。それ以外の時期には使いません。飲み薬に関しても、酸化マグネシウムや大建中湯といった便秘薬は処方しますが、基本的に痔の腫れ止めの飲み薬は出しません。妊娠している女性であれば、風邪薬ひとつとっても気を使うでしょう。いろいろな意見も参考に、薬を選んでいただければと思います。

川堀病院 竹田春華 先生

竹田春華先生
竹田春華 先生の記事を見る
この記事の監修医師
上月 雅友先生
野澤 真木子先生
山口 トキコ先生
竹田 春華先生

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る