お悩み別で絞る

ドクターに聞く
「便秘になりやすい妊娠期。気を付けるのはどんなこと?」

ドクターに聞く「便秘になりやすい妊娠期。気を付けるのはどんなこと?」

妊娠中の便秘薬の使用は、妊産婦や胎児に影響がないことを最優先に。

妊娠中は、腸の働きを抑える黄体ホルモンが多く分泌されることに加え、お腹が大きくなって腸への圧迫が強くなるため、便秘になりやすい傾向があります。当院でも、摘便などが必要になるほどの便秘の患者さんは、おなかが大きくなってから来られる場合が多い印象です。妊娠中は食事制限などによって、排便管理が難しくなることも便秘の原因になるでしょう。
妊産婦における便秘の治療も、一般の方と同じく生活習慣の改善が基本です。お薬を使う場合は、妊産婦や胎児への影響がないことを最優先とします。慢性便秘症診療ガイドラインも発行されていますが、専門的になりますので肛門科や胃腸科の医師に相談いただければ良いと思います。刺激性下剤については、センノサイドは子宮収縮を起こすとされており、妊婦の方には禁忌となることがあります。ダイオウなども含め、漢方系の薬は体に良さそうな印象をもたれがちですが、妊産婦の方が使用する際は注意された方が良いでしょう。

よどがわ内科クリニック 副院長 兼 肛門科顧問 上月雅友 先生

上月雅友 先生
上月雅友 先生の記事を見る

妊娠中の便秘薬。後悔の材料にしないためにも、医師に相談を。

便秘の治療に関しては、妊婦さんの場合も基本的には生活習慣の改善が基本となります。食物繊維や水分をしっかりとって食生活を改善することは、便秘のみならず、健康にも良い影響を与えます。妊娠中から、しっかりした食生活を送るようにしてください。妊娠中はさまざまな原因が重なり、どうしても便秘になりがちです。排便が2~3日に1回でも、本人がスムーズだと感じていれば問題ありませんので、焦らないようにしてください。
薬に関しては、産婦人科の医師から処方されたものなら問題ないでしょう。市販薬も医師に相談していただければ良いですが、成分によっては陣痛を促進してしまうことがあるかもしれませんので、産婦人科で処方してもらうお薬を使っていただいたほうが良いですね。妊娠する前から飲んでいたお薬についても、医師に確認された方が良いでしょう。その方が安心できます。ほとんどのお薬の説明書には、妊娠中は医師に相談するように書いてあるため心配になりますが、塗り薬や坐薬などの外用薬は使用しても問題ないものが多いと思います。ただし、妊娠中のお薬の使用は、何か問題があった時に後悔の材料となってしまいます。少しでも不安があるなら一人で判断せずに、医師に相談されると良いでしょう。

マリーゴールドクリニック 院長 山口トキコ 先生

山口トキコ先生
山口トキコ 先生の記事を見る

インターネットの情報だけを見て悩まず、まずは医師に相談を。

妊婦さんは、おしりのことや出産のことなど、何でもインターネットで調べられるのですが、その情報を全部鵜呑みにはしないでください。もしインターネットで調べて悩んでいるぐらいなら、まずは一度、受診してほしいですね。便秘薬を使う場合、妊婦さんは主治医が産婦人科の医師になると思いますので、まずはそこで相談してください。ただし、これから妊娠しようとされている方などは、その病院を受診する際に、自分が妊娠希望である旨を伝えるようにしてください。妊娠初期に薬を使ってしまって、「あの薬を使っても大丈夫だったのだろうか」と心配し続けるのも嫌でしょう。当院でも、問診票には妊娠希望やその予定があるかどうか聞くようにしています。そうすれば、こちらも気を付けることができますので。何らかの事情で病院へ行けずに市販の便秘薬を使用する場合、薬剤師とも相談して、自分の体にあった薬を使うようにしましょう。

川堀病院 竹田春華 先生

竹田春華先生
竹田春華 先生の記事を見る
この記事の監修医師
上月 雅友先生
山口 トキコ先生
竹田 春華先生

おすすめコンテンツ

ページトップへ戻る